なぜ女は早朝から流山市立常盤松中学校の外階段でうずくまっていたのか。

シルエット 千葉

本日1/14朝、千葉県流山市の市立常盤松中学校に女が侵入し、20代の男性教諭に刃物のようなものを振りかざして逃走した事件が起きました。教諭にけがはなく、県警流山署は暴行と建造物侵入の容疑で女の行方を追っています。

流山署によれば、今朝午前6時45分ごろ、教諭が校内の化学室で授業の準備中、外階段の踊り場に女がうずくまっているのを見つけ声をかけたところ、化学室に押し入り、刃物のようなもので切りつけてきたとのこと。教諭が近くにあった鏡を投げつけると逃走したといいます。

女は20代くらいで身長150~160センチ。黒のジャケット、青のズボン、黒のリュックサックを身につけていたそうで、同校は各担任を通じて生徒に事件を説明し、部活動を休止し集団下校を行う予定なのだとか。

流山市立常盤松中学校はどこにあるのか

閑静な住宅街でありつつ、初石駅にもすぐに到達できる場所です。

なぜ早朝から流山市立常盤松中学校に忍び込む必要があったのか

女は20代くらいで危害を加えたい理由で中学校に忍び込んだのであれば、危害を加えたい相手は生徒よりも先生でしょうね。ただ、うずくまっていた理由が気になります。

午後3時現在も逃走中

コメント

タイトルとURLをコピーしました