兵庫県知事選挙(2021/7/18)の候補者顔ぶれまとめ

兵庫 兵庫

2021年7月18日(日)は兵庫県知事選挙の投票日です。告示日は7月1日。

兵庫県知事選挙 候補者

金沢和夫氏 無所属

前副知事

自民党県議団が支持

1956年神奈川県藤沢市生まれ
自治省に就職し、山形県遊佐町、熊本県など多くの自治体に勤務
兵庫県には、2回にわたりのべ15年勤め、いまは副知事として11年目
7年前に神戸市灘区に中古一戸建てを購入し、兵庫県にIターン

金澤和夫
金澤 和夫(かなざわ かずお)でございます。 「日本をリードする力強い兵庫を目指して!」兵庫の歴史はイノベーションの歴史。海外の文明を取り入れ、吸収し、新しい文化や産業を次々と生み出してきました。この進取の気性は今も生きています。だからこそ、コロナに打ち勝ち、県民とともに様々なチャレンジを起こしたいと考えています。兵庫...

金田峰生氏 無所属

1965年神戸市長田区生まれ・加古川育ち。日本福祉大学卒。兵庫県保険医協会事務局を経て、日本共産党兵庫県議会議員1期。党国会議員団兵庫事務所長。2021年4月15日、7月の兵庫県知事選挙に「憲法が輝く兵庫県政をつくる会」より立候補表明。

共産党推薦

斎藤元彦氏 無所属

1977年生まれ、神戸市須磨区出身。東京大学経済学部卒業。2002年に総務省に入省し、東日本大震災直後には全村避難となった福島県飯舘村に派遣された。総務大臣政務官秘書官や宮城県財政課長などを歴任。2018年から大阪府に出向。前大阪府財政課長。

自民党兵庫議員団が支持

さいとう元彦公式ウェブサイト | 兵庫県政に挑戦
私は、生まれ育った兵庫県に尽くすことを誓い、これまでキャリアを積んできました。そして今、まさにこのタイミングだからこそ、すべてをかけて挑戦することを決意しました。安定した兵庫の良さを生かしつつ、果敢に前に進めていく『躍動の県政』を実現する。これが、さいとう元彦の決意です。私とともに、ひょうごを前に進めましょう。

中川暢三氏 無所属

元加西市長

1955年11月30日生まれ、兵庫県加西市出身
信州大学経済学部卒業、松下政経塾、鹿島建設を経て地方自治の世界へ
鹿島建設に23年間勤務し、都市計画・都市開発・資産活用・インフラ整備・PPPなどにも精通
仕事では、都内の大規模民間都市開発や羽田空港跡地周辺開発など、東京の街づくりに関与

前加西市長(2期)、元大阪市北区長
東久邇宮文化褒賞受賞
完全な無所属無党派の改革派

中川ちょうぞう(中川暢三)オフィシャルサイトchozo
新たな発想で行政にイノベーションを起こす政治家、中川ちょうぞう(中川暢三)のオフィシャルサイト。多くの方に政治参加をお願いしたく、政策や理念などを分かりやすくお伝えしようと思います。

まとめ

投票日まで更新中になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました