読売テレビの報道番組「かんさい情報ネットten」が胸を触って性別確認。「人権感覚の欠如」とコメンテーター若一光司氏が激怒。その後…

テレビ
スポンサーリンク

読売テレビのニュース番組「かんさい情報ネットten」が胸を触って性別確認。「人権感覚の欠如」とコメンテーター若一光司氏が激怒のニュースです。

かんさい情報ネットten. | 読売テレビ
伝えます、ten.のチカラ。関西で一番知りたいニュースを、どこよりも早く、わかりやすく、エネルギッシュに、デスク陣が徹底解説!地域密着情報も詳しくお伝えします!

2019年5月10日放送「かんさい情報ネットten」|人権感覚欠如の放送内容

読売テレビのニュース番組、保険証の提示や胸を触って性別確認。「人権感覚の欠如」とコメンテーター激怒
怒りの声をあげたのは「かんさい情報ネット ten.」に出演する作家の若一光司氏。ネットで賛同の声が集まっている

若一光司さんの発言が正しい。放送局の姿勢が問われます。

番組facebookページのコメント欄がこちら。

なぜか番組公式アカウントは土日を挟んでいるからか呑気なツイート。火に油を注ぐのでは…。

番組キャスター、中谷しのぶさんのツイート。

週明け、番組がどういう声明を出すか要チェックです。




2019年5月13日放送「かんさい情報ネットten」番組冒頭、謝罪からスタート。

番組冒頭、謝罪からスタート。

中谷しのぶさん「信頼を裏切る内容となってしまいました。私自身、あの場で曖昧な態度をとってしまった。深く反省しています。」

小島康裕さん「差別や偏見を助長する内容だった。」

読売テレビ報道局長 乾佐登司さん「注意と配慮を欠いた。」

冒頭2〜3分程度のお詫びのあと、コマーシャル開けは普通に番組がスタート。マジっすか…。どうせなら報道番組らしく、何がいけなかったのか、どんな伝え方が差別につながるのか、掘り下げて検証する放送にしてほしかったです。

冒頭のお詫びの後、CM開けは普通に番組がスタート。どうせなら何がダメだったのか、どんな伝え方が差別につながるのか、掘り下げて検証する放送にしてほしかった…。出演者もとっさに気づかないことならなおさら。

2019年5月13日放送のアベマプライムが「かんさい情報ネットten」の問題点を検証。

夕方、読売テレビに検証してほしかったことを夜のアベプラが放送。

「不愉快な思いはしなかった」「僕らを置き去りにして騒いでいる感じがする」読売テレビの取材を受けたsabu chanさん、お店へのクレームやめてと訴え
報道番組『かんさい情報ネット ten.』が10日に放送したコーナー「迷ってナンボ!」が批判を受け、読売テレビは13日、公式サイトに「不適切な取材だった」とのコメントを掲載。謝罪するとともに、当面のコーナー休止を発表。同日の放送の冒頭ではアナウンサーだけでなく、報道局長ら出演し、謝罪した。また、コー…

こういう番組をなぜ読売テレビはやらなかったんだろう?

2019年5月13日 出演者の謝罪で幕引き?

まとめ

間違いがあれば検証して、何がいけなかったのか、どういう対応をするのがベストなのか検証すれば、何も当該コーナーを打ち切って出演者を降板させる必要はないのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました